おおとろのブログ

ロードスターの整備・レストア・チューニング・サーキット ロードスターの事なら何でも出来ます

2005年07月

あ~スッキリ

あ~、スッキリ!!
ここ一週間、悩みに悩んでた事が、ある意味解決……
NA8のウォーターポンプ・タイベル交換の車ですが、
元はと言えば、水が減るんだったのですが、
見れば、ポンプから水漏れの跡が有ったので、エンジンのフロント周り一式交換となるのだが
室内のフロアに水溜まりが、有ったとの事でヒーターコアもと思っていたのですが
症状は、その時1回だけだったみたいなので、取りあえず、水回りの点検も進める
ポンプその他の交換を終えて、水回りの耐圧テストをしたが、異常なし……
一通りチェックして、エア抜き作業中に電動フアンが、動くかチェック中に見たモノは、
純正水温計が、動き出した……
ファンコントロール機能付きの後付メーターは、85度を指している??
うん?、なんだコレ??

ココから、ドツボに陥る……
このメーターは、純正CPUの水温を表示するはずだったよね……
と言う事は、純正メーターの水温スイッチの不良かと思ったけど
実際問題エンジンルームのラジエター付近の温度は、体感でも熱い!!
(何度もサーキットでボンネットの中に頭突っ込んでるので大体解る)
と言う事は、CPU側の水温センサーが、終わってるのかと、変えてみるが
(部品は中古で一杯有る)
変化無し……
この車には、青いフルコンが付いているので、パソコンと繋いで水温をチェックするが
後付メーターと全く同じ温度が、表示されてます……
原始的に、ラジエター液の温度を計ってみれば、どう考えても後付メーター・青い箱の温度より
10℃は高いのです。
ヘッド後部より、ラジエターの方が高いなんてあり得ないぞ??

ここらで、頭の中は、大混乱です。
どれが正しいのか?、

正解は、純正CPU用に開発してあった、後付メーターと、微妙に違う、後付フルコンが
互いに干渉して、水温の狂いを発生させていたのでした……
パソコンで確認すると、後付メーター外すと、正しい水温が出ました……

途中で、ヘッドガスケットの交換まで浮かんだが、しつこく調べて良かった……

まぁ~~あり得ない事で、1週間も棒に振ったけど、コレで次は、大丈夫!!
ちなみに、解決策は、後付メーターを、普通に新規にセンサーを追加して、
ファンコントロール機能も、青い箱で制御することで、解決しそうです!!

今年の走行会は

今年の走行会は、11月13日(日)に決定しました。
皆様、宜しくお願い致します。

あ~スッキリ

連日頭を悩ませていた、配管は……
クーラーコンデンサーの移動で全てスッキリしそうです。
IC→コンデンサー→ラジエターの順番で風が当たるのを
こうする事で、全て解決……
あ~~っ、スッキリ逝きそうです!!
頭の中に、ラジエターとICのVマウントは考えていたのですが
現実的で無いので、頭悩ましてましたが
答えが出てみれば、そうだ邪魔なコンデンサーを移動すれば良かっただけじゃ無いですか!!
幸い、コンデンサーの収まるスペースは難なく確保出来るし……
どうせ、リキタンの移動をするなら、コンデンサーごと移動してもらいます。
まぁ、新たに加工が発生しただけですけど……394dfadf.jpg
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ