おおとろのブログ

ロードスターの整備・レストア・チューニング・サーキット ロードスターの事なら何でも出来ます

2009年06月

気が付くと、

気が付くと、今週末はクーマックカップの第2戦でしたね
気が付くと、玉子王子が、マッサ久号のドライバーに成ってます(笑)
有り得ない??、普通ですよ、普通!!
2年前にT氏(まだ?秘密)が2台体制に成った時にドライバーが
足りないと言う話聞いて、私がその時に立候補しましたので……
今回は、逆だったという事で………
事前にドライバーずおーでぃしょんもパスしましたので(笑)

次の日に電話有りまして、乗ってみたら普通だね、普通だよ

いゃぁ、普通でっせ、普通……

ブレーキも普通、足も普通、エンジンも普通全部普通です
だって、殆どノーマルだもの……

ギリギリまで、攻め込むと不満もアルと思います
私も、不満が有りますけど、ソコ詰めだすと、
普通でない部分も出さなければ……
明日第1戦の車載DVD送りますね
本番前に、問題点エロエロ考えて下さいね(笑)

実は、最近

実は、最近持ち込みの車検を行ってます

実は、指定を辞めました!!
色々と色々と、考えた結果ですが……

実は、今の方が良い感じです………
指定は、良い事も沢山有りますが、実はもの凄く大変な事も有りまして
今は解放されて、伸び伸びと楽しく、営業しています(笑)
1年に1回だけの1時間の為に、1年間胃が痛くなりそうな毎日から
解放されただけでも、毎日前向きに頑張ってます。

認証も廃止する案も有ったけど、チューニングと言う行為は
絶対に、無くては成らない資格でしたので、残しました

昨日まで、指定持っていて、明日から全てを廃止して
チューニングショップですから、資格は全て要らないとは、
無理な話ですからね……

内容は、基本的には変わりません………

あっ、全部では有りませんけどね……

車検に通るか通らないかは、今度からは、私の判断では有りませんのでね。

今日も、1台のロードスターの車検を持ち込んでみましたがっっ
基本的に問題無いはずでしたが、車高が13?程低いです……
車高長はすでに固着していて、全ての車高は調整が不可能でした…
何故か?、低いのはフロントがメインでしたので

何故か?一杯転がっているフ○ンクシ○ン○のアッパーマウントの一部を加工して
アッパーにそっと挟んで9?車高アップ……
後5ミリは、タイヤのエア圧を4キロに上げて、18?を稼いでみました…
でもね、車検場って、1人乗車した状態で、他の検査している間に
機械が勝手に計っているんですね、マジで……
ソコで、ダメだと、ココぞと秤に検査官が、定規持って計り出すんですね
(マジで……)

今回は、スペアタイヤまで外して、軽量化して車高アップ(上がってない?)
最低地上高はOKでしたが、空気圧上げすぎたせいか、
面白く、簡単にタイヤがロックしてブレーキが×………

ブレーキは、完璧にオーバーホールして、事前に自分の所のテスターでも、
完璧な数値と、左右差も一切無く仕上げげたのに……
大体○と×だけで、数値は一切見えない検査ってどうなのよ?

実は、昨日は、時間の関係上、軽四を整備前に持ち込み
実は、事前に計ってみたところ、リヤの左右差が15%……
時間の関係上、検査ラインで、サイドブレーキ併用して合格……
次の日にブレーキオーバーホールして、最後にテスターで測定して
5?の差で、納車完了!!

そもそも、軸重も勝手に計って、50パーセントとか20パーセントとか8パーセントとか
車検証の軸重は、何処逝ったの??、車検証と実際の車重が100キロ違っても解らないのだけど……
今日のロードスターの重量税は、25、200円の1000?ピッタンコ
ロールバーエアコンで軽~く1070?以上は間違い無いけどさ……

色々と指定では、解らない事も見えてくる……

と言う事で、車高長が固着しているとか?、ダウンサスでへたっているとか
細かく問題有る車両は、申し訳有りませんが、通りません~~

行き帰り、4?のエア圧と、終わった車高長はトラック乗っている気分でした…



毎日、忙しく楽しく働いてます。

これからも、良い仕事出来るよう頑張って逝きますので、宜しくお願い致します。

どうなってるの?

最近1週間の間に、どうなってるの?って事が有りました
先週納車の際に、普通に走っていたところ
反対車線を走る車両が、普通にセンターラインを跨いで
こちらの斜線にはみ出てきました……
ちょうど車の真ん中にセンターラインですよ……
完全ど真ん中に走り出してます……
私は、一瞬どちらに逃げるか、探しましたけど
真ん中なんで、左右どちらもアウト……
フルブレーキングで止まる直前に、相手は元の車線に戻りましたけど…
その2日後にも、同じパターンで、心臓止まりかけました
そして、今日は……
前を走る軽自動車が、突然反対車線に……
100メートル程走って、元の車線に戻って、またもや反対車線に……
オイオイっ、離れて様子見ていると……

今度は青信号の交差点のど真ん中で一旦停止………

車間取っていなかったら、どっきりしたかも……
その後も、反対車線へフラフラと…
最後は、左にウインカー上げながら、右へ曲がりました…
それも、曲がりきれずに駐車場を横切りながら………
そのすぐ先の、踏切を普通に止まることなく走って消えました…
たかだか800メートルの距離でしたが、500メートルは
反対車線走っていたよ、本当に……
はみ出る次元で無く、車体の殆どが反対車線に出てますよ

3台とも、それなりの年齢でしたよ、どうなってんの??
今日走っている車は、地元の企業の社用車ですよ
車にデカデカと会社名入れて、アレはマズイだろう

普通と違うので

ピロアッパー化を誤解されそうで、追記してみます
普通の車高調では、値段と乗り心地の問題等でゴムを使用する
場合が有ります
それは、それで間違ってませんので、正解です
何処かで逃がさなければ、まとまらない部分でも有ります

今回のピロアッパー化は、あくまでもファンクションXをベースにした場合での
話ですので、間違えないよう…

一番の違いは、バネの特性とダンパーの特性が、他の一部の
サスキットと大きく違うので
ファンクションXにピロアッパーを採用した時の、メリットが大きいと言う話です
バネの特徴的な動きと、ダンパーの求めている本来の減衰がズレて
別々に反発する事によって、乗り心地と、大きなギャップを通過する時に
特に悪い部分が出てしまうんです。
バネの振動する周波周と、ダンパーの周波周がゴムによってズレて
しまう事によって、結果ボディがブルブルと周波周を拾ってしますのが原因かと


ファンクションXは、ノーマルアッパーもピロアッパーも
バネの入力はアッパーマウントで直に受けていますので、
バネレートの影響は全く同じです。
あくまでも、今回のピロアッパー化は、ダンパーのシャフトだけをピロで固定しているだけです
(誤解されてそうな部分)

10キロとかでも乗り心地がよいと感じるのは、バネの特性が大きいです
このバネは最初のバネレートの立ち上がりから密着付近まではバネレートの
変化は少なく作ってありますので10キロのバネは10キロと成っております
でもバネの製法によって、極めてスムーズに縮むので
乗り心地とか、縁石に乗っても跳ねない特性と成ります
なので、普通のバネのボヨンボヨン動くバネに合わせてあるダンパーとの
相性が悪いと思います
アル有名ダンパーがダンパーの特性で乗り心地が良くて、
とかアルのですがXコイルはバネ自体でで、似た特性を出してます

ファンクション・ダンパーはどちらかと言うと、アル有名ダンパーとアル有名ダンパーの
中間の感じですかね………
なので、バネだけ入れても、マッチングが取れない可能性が高いです
(某有名バネもダメ出しな話は良く聞きます)

ダンパーの減衰の調整も、他のダンパーと違って逆に調整しないと
間違います

バネ長とレートの変更が、ハッキリと出ますし……
だから、サスキットで考えて欲しいと考えてます
説明するのが、大変面倒なんです、乗れば言っている事がすぐ解るんだけどね……

以前ファクトリーに車両持ち込み特注の車両も、
何だかんだ言って、バネレートは最後に同じに成ったけど
納車の際に、乗り心地良すぎて、つまんないかもととファクトリーの担当に
言われた見たいだけど……(そんな予感してたけど)
おわらのシェイクダウンで、53秒台が52秒台にアップ……
もっと、良くなるだろうの取りあえずで、出てしまったし
1回目の結果としては、有り得ない結果に成った

雅久号は、面倒なレギュレーションに合わせて進化してます(感謝)

ちなみに、なんでフロントのみなのかと言うと、
リヤは寸法的にも、元々のブッシュの堅さ的にも、殆ど問題なしなので
今のところは、問題なしと考えてます。

なので、ゴムアッパーの方が良い結果のダンパーは有ります。

今日も、明日も、明後日も…

今日・明日でタイベル・ウオポン・水回りの全交換!!
土日も同じ、作業が入りそう……
今日作業している車両も、タイベル交換の距離だからと言う話で
それでは、ウオポンも交換かな?との会話でしたけど
バラして見たら、漏った後がクッキリと……
ロドスタはヤッパリ、タイベルより先にウオポンがダメに成りますね……
多分、明後日の車両も、同じ可能性が高いですけどね…

ちなみに、ウオポンって、海に住んでる可愛い魚の種類では有りません
主に陸に住んでいて、普段は隠れていて、目立たない種類のモノです
隠れて生息している割には、極めてロドスタの生態系を維持している
重要なモノで、亡くなるときもひっそりとお亡くなりに成ります
ジワジワと、猿人ルームの中で、水を食い
いつの間にか、全てを暗い尽くす恐ろしい奴です


対照的に、代表的なタイベル君は、見えない割には、代表的な種類で
お亡くなりになった時には、派手に、色々と伝説を残したりする種族です。

もう1つお亡くなりに成った時の、派手さで言うと、ラジエタ君の右に出るモノは居ないでしょう……
コイツの最後は、派手な煙と共に、臭いと視界を遮る大噴火で
あなたの思考回路も停止させるでしょう(笑)
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ