おおとろのブログ

ロードスターの整備・レストア・チューニング・サーキット ロードスターの事なら何でも出来ます

2009年07月

今日は

今日は、バスの排気ブレーキの交換でした
まぁ、堅いのは覚悟してましたので、全開の力で作業してみました
その間に、28のタコ足の修理…
蛇腹が無いので、割れます、4-2の部分のステーも無くなっていたので
付けて置きました、無いともの凄い強震で五月蠅いですから~

20万キロ走ったトラックのオーバーヒートの修理もしながら
ロードスターの中古車の整備も開始
ハイエースの中古車の整備も開始……

軽量ハードトップの修理も開始、50カ所の穴を埋めて、取り付けの
ステーを作って、純正ゴムが取り付け出来る様に、改良して
Fアンダーパネルの製作も開始、リヤバンパーの空力の改善も開始
他にも色々と有る、出来る物から作業開始してます

と言う事で、またしばらくブログ書けないかもしれません
頑張りま~~~すぅ。

昨日は

昨日は、リヤスクリーンの交換だった!!
何年振りだろう、リヤスクリーンだけの交換なんて
記憶を辿っても、5年はしていないと思う……
リヤスクリーンを交換し始めてパキパキのレインレールが手に伝わったので
大人しく、幌全部を外して、スクリーンとレインレールの交換に変わりました
最初から、そうなるかもと、見積もりも4種類提示してあったので
問題なく作業進めました、外したレインレールは20カ所は割れていたので
スッキリと水漏れが直ったと思います。
ついでに室内も、掃除機で綺麗に仕上げて気持ちよく納車完了
それにしてもリヤスクリーンの値段が24.600円って、上がりすぎ……
NA幌も値上がりして、NB幌の値段に大分近くなりましたね…

そう言えば、日曜日にフロントのウエッザーストリップの交換してましたが!!
ハードトップのフロントフックがロックしなくなって終了……

良くありますね、運転席側がダメに成ります、基本的には

理由が有ります、幌を閉める時に真ん中に有るとってを持って
運転席側のフックから閉めますよね
運転席側・助手席側の順番で閉めると思います
そうすると、運転席側のフックに負荷が掛かって、フックが伸びて
ロックが効かなく成ってブラブラになって走行中に自然に落ちてくる…
最悪走行中に、フック外れて、フルオープン……
リヤスクリーンは真っ二つ……
防ぐ方法は、真ん中のとって持って、運転席側のフックをピラーのフックに
引っかける(閉めたらダメ引っかけるだけ)
助手席側も引っかける、おもむろに両方のフックを閉めると!!

冬場は、時間が有れば、閉まらないと思ったら、
暖機して、ヒーター全開で幌を暖めてから、伸びてから閉めましょう
少しの気遣いが、幌の寿命を延ばします
上手く気を使えば、10年は大丈夫です、私の幌も10年以上持ちました

もう1つ、ハードトップ載せる場合は、リヤスクリーンの上に保護のタオルでも何でも良いから載せましょう
何もしないと、リヤスクリーンが真っ黒に日焼けして使えなく成ります

春先の最初に幌を張る時も、ヒーターか?、お天様に当ててゆっくりと
伸ばして上げてね。

話がそれましたが、ハードトップのボルトは、ロックタイト全開で
たった3本のビス緩めるのに、1時間近く掛かります
幌のビスは普通なのにね!!

ふぃ~っ、

ご無沙汰です、キチンと生きてます(笑)
気が付けば10日以上更新してませんでしたね…
今日も、心配して顔見に来た人も居て……
すいません、ご心配掛けまして!!
元気です、少し忙しいだけです、一般の車検とか、整備が多くて大変でした
どれも、10万キロオーバーで気を使う車検整備の連続でしたので
先週は、NA8の12万キロの車検でした、ブレーキに問題ある以外は
大丈夫だと思えましたがっっ!!
ホイールは有名なマグのホイールでしたので、JWLの適合マークが有りません
その前に面位置でので、車検用のホイールに履き替えて
車高を15?程上げて大丈夫なハズが……
最低地上高不足でさようなら……
可笑しいな、事前に計った時は、93?は確保出来ていたハズなのに…

怪しげなゲージを持って検査官が、ハイダメ……
何処で計っているんだ?、泥よけ??関係無いのにとため息…
それも忙しいらしく、上げて持ってきてで終了

会社に帰って、計ってみる、大丈夫だね??
オレが太ったのか??、昨日の体重計では61キロで変わらないハズ
一応5?上げて、対策して、90?ゲージを助手席に乗せて持ち込む

その前に車高調整して、狂ったトーとライトを調整して、逝ってみる

またもやダメなんだけど……
若い検査官に、何処がダメなの??、
はみ出たアンダーカバーでは無いよね……
あ~っ、アレ、エンジンアンダーカバーなの……
コラっ、もっとちゃんと見ろ!!
後は普通に終了……
その後も、15万キロとか、19万キロとかの車検で必要以上に時間掛けてました

先週末は愛知から、ちゃけぞえ氏が、来店……
どうやら慣らしの旅の途中に、寄ってみたらしい…
千円だしね、慣らしには良い環境ですね!!
BP+ターボでぶぃぶぃ言わしているらしい上に
今回は腰下も手を入れて、オマケに可変バルタイのヘッドまで載せた見たいね
可変バルタイは、私も狙っている仕様なので乗ってみたいが
まだ慣らし中ではしょうが無い!!
そんな所にもう1台の可変バルタイ付きのアノ人も来店
青コンの調整でしたが、忙しいので、タイミング良く現れたマッサに
お任せしてみた……
どうイジっても、一杯一杯で。良くなる気配が無い
どうせなら、ちゃけぞえ氏に少し付き合えと、走りに逝ってみた
色々変えるが、反応無し……
嫌ぁ~な予感がして、そぉ~っと、画面覗くと

ばっちもーど……

最近もーてっくな人ならではの落ちがあったが、

色々としてみるが、悪くなっても、良くは成らない
青コンだけイジっても、無理な感じで終了
他に色々と、リセットしないとダメな結論でした

もーてっくな人は、オイル交換お願いしますと言う事で、リフトアップ
でっかいトレーで、オイルを受けて、チェックしがてら
下回りを点検……
汚ちゃない下回り見て、スチームで洗浄して上げた
もちろんサービスです、始めてきた人は、様子見てスチーム洗車しますので

オイル交換終わって、大阪に旅立った逝きました
ん?、大阪??、道間違ってますよ……

慣らし終わったら、おわらに遊びにおいで、遊んで上げる(笑)

お知らせで~す。

明日19日(日)は、某サーキットに居ます
午後の何時ぐらいか分かりませんが、工場に戻る予定です

ことろちゃんはお店に居ますので、細かな事は対応出来ますので宜しくお願い致します。

20日(月)は久しぶりに親子3人の休みが揃うので、お休み致します
ご迷惑おかけ致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

今日も飛ぶよ~

さて、質問です
あなたのブレーキパッドは飛びますか?(フロント)
意味分かんないと思いますので、キャリパーを持ち上げた状態で
ブレーキパッドをセットする、そして戻しの針金をセットすると
ちょっとでも手の力を緩めると、飛んでいくハズです
組むのに、イライラしながら組むはずです


がっっ、バネセットしてもパットはそのまま収まっている………
可笑しいですよね、コレ!!
パットがスライドするはずの、コの時の部品が、
汚れとか、パッドの塗装がこびり付いて、
パットがスムーズにスライドしないんですね
(ステンレスの色してますか?)
普通のパット交換だけで、キチンと整備していないとそうなるのです
結果、パットがキチンと動かない、普段から引きずっている
まっすぐスライドしないとかで、もの凄い片減り……斜め減り、
キャリパーの寿命かな~と考える訳だが、そうでも無い時の場合が
殆どですね…

パットを変える時、キャリパーをオーバーホールする時
意外と忘れられる部品ですが、実は重要
良くパット交換する人、溶けたパットの塗料がこびり付いているハズです
磨きましょう、塗装はペーパーで磨きましょう、ワイヤーブラシでガンガン磨きましょう
キャリパーのオーバーホールでも、意外と忘れられている部分です
さて、磨いたキャリパーにパットをセットすると、無茶苦茶組みにくいハズです
簡単にパットが飛びます、飛んで飛んで、最初はイライラする事でしょうが
本当は、ソレが正しい状態です。

パット交換1つでも、簡単では有りません、時間を掛けて組みましょう

パット交換15分で終わったとかでは、分からない部分です

わたしは、+15分掛けて磨きます!!
試運転でも違いは感じ取れる人は多いと思います。

オーバーホールでもそうです、ブーツ破れてないし漏れてないから大丈夫

相手はゴムです、堅いゴムがまともなブレーキフィーリングに成るわけ無い
ブレーキの構造はとってもシンプルです、シンプルな構造ですから
ちょっとした事が、違いに出るのです

なんでパットが減っていくのにブレーキペダルの位置が何時も同じなの??
本当は減った分だけ奥に入るはずですが、

実はゴムの部品が、踏むと変形してパットを押し出しなら液の漏れも
防いでます、離すとゴムの弾力で元の位置に戻るんです
ソレを繰り返すうちに、パットが減っていくと、ゴムの変形が耐えられず
ピストンがズレて、ピストンが出るのです
結果、減る、ずれる、減る、ずれるを繰り返してペダルは何時もと同じ位置に
居てくれている訳なんです

さて、キャリパーのピストンはゴムで戻るけど、パットはどうなの??
パットは、ピストンで押されて、戻る時はパットの背中に付いたバネで
戻るだけなんです
でもあのバネは、そんなに強く出来ていないのです。
キャリパーサポートとパットの間にセットされている、小さな部品が
意外と重要に成るんです、パットをズレ無い様に位置決めしている上に
スムーズに動かす役目も有りますので、大事なヤツなんですよ

意外と変摩耗している車両が居ます、(大抵初めて来る車両です)
パット交換の時に磨いて、殆ど直ります
もちろんスライドピンの状態も疑いますけど、ソッチは問題無い事多いですよ
根本的にフィーリングが怪しい場合は、ブレーキのオーバーホールを
進めます

まともなブレーキで無いと、まともなブレーキパット入れてもダメですよ

私の所では、ブレーキ交換している間に、お客が自分で磨いたりしてます……
だって、磨くのタダですから、一生懸命磨いてますよ(笑)

ブレーキテスターで計っても、キッチリ左右の差が出ません
数値の差も出ません、ロックするタイミングも同じ
上がり方まで同じで、引きずりも出ません

ロードスターのブレーキは弱点と言われてますが、意外と性能だけで見れば
まともです(笑)
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ