土曜日に、予定通りにおわらに逝ってみた。
予定外は、居るはずの道○さんが、いなかった…
土曜日なので、込んでいるだろうと言う予想が外れ
全部で3台の貸し切り状態であった…
多分、風の噂で道○さんが来るので、雨が降る予想だと言うことか??
さてと、本題のリヤラジエターは……
結果は、5周でオーバーヒート………
60℃スタートで、1周10℃の上昇!!
電動ファンを回しっぱなしにしても、同じ…
何が、原因か?調べるためにリヤガーニッシュの出口付近にビニールを切って張り付けてみたところ
トランクから、下方向に風が巻き込んで、出口を塞いでいる感じ?(ノーマルトランク)
でかい穴も、下半分しか使えていないみたい…
ついでに、トランク内の仕切の形状にも問題有り
もう一つは、同風板の中を通っている、マフラーの熱も、影響有り!!
下側同風板が無しの場合は、アイドル時に40℃だったのが
同風板有りで、60℃に上昇…
マフラーの断熱が必要なのと、トランク内の同風板の改良、現在ノーマル一層のラジエターを
銅2層に変更予定、リヤスポイラの装着。
おわらでは、コーナー区間が冷えない!、
直線で100?も出ていると、水温は落ち着いていますので、もう少しの変更で逝けそうです。

105℃を超えると、水温の上がりが止まりそうな感じなので、もう少し!!

さてと、本題のリヤラジエター化に伴うハンドリングわぁ!!
それは、スバラシイ変化が起きましたよ。
フロント周りの14?の軽量化は(ラジエター以外にも色々外したので)
減衰がそのままでは、跳ねて乗れない程…
減衰の変更で、クインと曲がります。
今までアンダーだった2コーナーもアンダー知らず、ブレーキロックして減速仕切れなくても
ハンドル切れば、曲がってしまいます…
何処でも、ラインの修正が出来てしまうので
新しいライン取りを、開発出来そうです。
ただし、バネが固すぎて、立ち上がりでF加重が抜けてしまうので、バネレートの変更をします。
リヤは、こちらも良い感じです!!
今年に入ってから、ラジエターだけは積んでいたので、予想できたが
今回は、水と同風板でさらに重く成ってますが
アルミ製の2枚羽のGTウイングは、無くなってますので、予定通り10?UPに収まりそう!!
粘ります、今までだとオーバーが出たら、アクセルとカウンターで対処してましたが
現在は、カウンター当てる前に自然に収束してしまいます。
結果、全ての動作が半分以下に成り、ドライバーに優しい車と成りました。
90パーセントの走りで、気温30℃で、
52秒9が出ているので、涼しい季節に狙えそうです!!

はっきり言って、乗っていて楽しいです。
オーバーヒートが無ければ、ずっと乗っていたかった……
皆さんもどうですか??
二度と作業したくないけど……
嫌、2度目ならば少しは楽かも……