板金でお預かりしているVスベちゃんですが
部品も揃ってきたので、リヤ周りの作業も開始です
3512

ココまで損傷すると、取替作業しか方法が有りませんので
色々と部品を外しまくって、元のパネルを切って、揉んで剥がします

22
台分と外しました、この後も黙々とパネルを剥がします

23
全部スッキリと剥がれたので、インナーのパネルを板金開始です

意外とロードスターの中古で良くあるのが、リヤフエンダーの板金補修してある車両
月日が経って、錆がボコボコに浮いてきて、困ってしまう物ですね
表面に錆が発生している場合は、内部の骨格まで錆が浸透しているので
残念ながら、全部取り替えるしか完璧な方法は見あたりません
内部の2枚目、3枚目の骨格まで錆が浸透している場合が殆どです

普通の車両と違い、ロードスターのリヤフエンダーの内部は
とても複雑な補強が何枚も入ってますので、表のパネルが錆びている場合は、簡単な板金では修復出来ません
錆を有る程度は進行を遅らせて、表の修理は可能ですが!!

あまり見る事のリヤフエンダーの内部を公開

24

明日も頑張ります~~