おおとろのブログ

ロードスターの整備・レストア・チューニング・サーキット ロードスターの事なら何でも出来ます

レストア

あ~っ、進まないよ

フロア下のフレームの交換の車両だけど地道に進めてます‥‥
1週間に1日だったり1日半だったり、他の作業の合間にしか進まないんでね

新品のパネルが出無いんで、解体車両からパネルを剥がしてますけど
パネルを剥がすのにも、メンバーから燃料の配管から全部降ろさないと駄目なんですよね(泣)
おまけに欲しいパネルが超鋼板の上に、5枚ほどパネルが重なってたりします
パネル1枚取るのに、2日位掛かります‥‥
3枚の使えそうなパネルを剥がすのにも1週間の時間が必要です‥‥
5280152-2
剥がしたパネルは錆びてるので、ブラスト処理も必要だったり
5310159-2
錆止めのサフ入れて、塗装しての下準備までが完了~~
6020146-2
この3枚のパネル本当は新品だと2万円位で買えるのだけどね‥‥

フロアパネルも錆びが酷くて、ブラスト掛けたら穴だらけ~~っ(泣)
しょうが無いから、フロアパネルも切り取って穴塞ぐしかないな‥‥
6040149-2
しかしこの年代って、スポット溶接は手作業だな!!
6030147-2
上の左右の穴見れば適当具合が良く解るでしょ(笑)
スポットが真っ直ぐ打てて無いし、明らかに失敗してズレてるし、
失敗した後にすぐ横に打ったりして左右非対称で数も違う(泣)
ボディ剛性が1台1台違うのも納得のクオリティ(笑)

剥ぐれメタルスライムと同じで、ハズレスポットと命名致します!!


ココまでの作業は、終わりの見えない絶望的な作業の繰り返しでしたが、
10キロの関越道のトンネルの出口が遠くに小さく見えた気がします‥‥

ロードスターとゆかいな仲間達??

ロードスターとゆかいな仲間達??

変わった車両の入庫がありましたよ
4220111-2
ミツオカゼロ1クラッシックですよね、機関部がロードスターなのでご来店(笑)
まぁ、一部を除いて大丈夫です!!
4220113-2
サイドブレーキが効かないと言う事で、テスター掛けたら左右共0㎏‥‥
サクサクっと調整して、油脂類の交換もして、最後にプチトラブルもありましたが
簡単な修理で直りました~~

コッチは、ヒール&トゥのしすぎでフロアに穴が空いてます(笑)
4210105-2

では無くて、フロアのメインフレームの錆と、フロントフレームの根元も錆びてて
どんどん、拡大中です(泣)
あまりにも作業の姿勢が辛くて、あんまりしたく無かったけどカーベキューにセット致しました‥‥
4220114-2

本来はドンガラ状態で使用するんですが、今回は色んなパーツが付いてる状態なので
グルグル回すのは無理です、少し傾けるので精いっぱいですが、作業は大分と楽に成りますよ

それでも、通常はする事が無いと思われる作業です‥‥
4210109-2

おまけに、新品のパネルは生産終了との事で、違う車両から切り取って付けるんです(泣)
本当に、悩みながら進めてます

もう1台の全塗装も、Aピラー根元のコーキングがっ、割れて錆が出てます(泣)
4210106-2
予想してたんで精神的なダメージは少なめですが(笑)

2年計画

2年の計画で、進める車両の基本計画(笑)
今はドンガラなので、以前の事故の修正もやり直して、パネルボンドのフル補強もします
ペダルの配置の修正とか、ダッシュ裏の補強とか、基本の骨格部分がメインかな
仕上がると、NAの緩さと言うか、味の部分は無くなる部分も多いと思います

失う味も有りますが、得られる味付けも確かにあります

大トロ号は、フルスポットで5千発以上入れて、パイプをキャビン部分に徹底的に補強して
前後のメンバーも、全ての隙間も全部溶接して、ガチガチにしましたから(笑)
最終的には、スリック履いても大丈夫なボディを目指しました
18キロのバネ組んで、リヤのフック1個でジャッキアップして3輪浮く状態でも
ドアがボスンと普通に閉まりますよ‥‥

軽量のハードトップのステーをアルミのリベットで固定すると、
6点ロールバー+ピラー止めでも捻じれて、リベットが毎回飛びます‥
フル補強は、すでに屋根要らないので、2プライの屋根でも平気ですがっ

でも、どっちが乗りやすいかと言うと、捩じれる方です(笑)
捻じれ無い方は、セッティングが全く妥協が取れません
捻じれる方は、9割でベスト??のセッティングが出ます
捻じれ無い方は、9割からが本当に難しい所ですね(泣)


NAは全部が緩いです(笑)
緩く逃がしながら仕上げるのも、本来の姿とも思います

それ以上求めるのも楽しいんで、止められないんだけど(笑)

出てくる

リヤフエンダー貼り付けたいんだけどね

予定外の、あちこちの錆の撤去でなかなか進まず……

こっちは穴空いてます
1290014-2
1290015-2



キャリパーも、凄いよ(泣)
1280007-2

何とかキャリパー全交換はさけられたかな!!
1280011-2

3年間、車検切れてた車両だから、色々と出てきそう……

予想外ですね

錆びてるサイドシルが予想外に酷くて‥‥
う~ん、どんどんパネルが無くなって行きますよ!!
1160005-2

コッチ側は1回ブラストして、3日放置して様子見
1160006-2
予想通り取りきれて無い、錆びが出て来ます‥‥
磨剤より小さな錆びの穴は削れませんので、1㎜のリューターで穴をほじってブラストします
1180011-2
3回位繰り返すと、殆ど出て来ませんので一応錆び転換して保護しておきます

と書くと簡単そうですが、3時間程ブラストして、放置を繰り返すので、時間は掛かりますよ(泣)

コッチは全く予想して無かった部分ですね‥‥
1210021-2
サイドシル内部ですが、意外とキテマスね(泣)
取り合えず錆落とししないと駄目なので全身真っ黒に成りながら進めます
高価な磨剤は、出来る限り回収してますが、どんどん減ります‥‥‥
1210022-2

明日も削るか‥‥
1210023-2

さてとっ、コッチの車両もため息しか出ません(笑)
1180010-2

フロアのメインフレームの交換ですが、新たに制作して直すしか無いんですよね~~
まぁ、春まで時間貰ったから大丈夫???
プロフィール

おおとろ

記事検索
月別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ